文部科学大臣指定・看護師養成学校、看護学科(全日制3年課程)

お知らせ

春の看護学校

2021/07/08
こんにちは!ハチです♪
当校では新学期に様々な行事が行われました!って
春先の話題を夏にお伝えする次第となりましたが、
サボっていたわけではないんですよ!!
熟成を…
いえ、のびのびになってしまいました、申し訳ありませんっっ
どの様な行事が行われたかさっそくお伝えします♪

新学期といえば新1年生入学の季節。
今年は80名の学生を迎えて入学式が行われました。
みなさん、きりっとした実にいい横顔で入学式に臨んでいました。
1年生の皆さん、どうか実りある3年間になりますように!

また当校では4月に戴帽式を行います。
戴帽式は、学生が看護の道へ進もうと決めた初心を再確認し、
この先の道へ進む決心を新たにするセレモニーです。
今年は感染対策のため初めて学校内で行い、
学生の動きや構成を見直したりと初めてづくしの戴帽式!
どのような式になるのだろうと心待ちして迎えた当日。
これまでの厳かな雰囲気と一味違う、
さわやかで、気持ちの一新するような戴帽式になりました!
病院ではナースキャップをかぶらなくなりましたが、
新たなるスタートを切った学生、戴帽生は、
キャップに込められた願いや想いを受取ったのではないでしょうか。
春といえば当校では3年生を対象に「OSCEⅠ」が行われます。
「OSCE]は「客観的臨床能力試験」のことで、
現場で求められる実践力を確かめよう、という試験です。
また試験を通じて、学生自身の能力や課題に気づき、
ふり返りをして学びを深めてもらいたい、というねらいもあります。
この試験、ロールプレイ方式で模擬患者さんを相手に看護を行うのですが、
当校では劇団の方に患者役を演じていただいています。
しかし感染対策のため去年は依頼することができず、
1年ぶりの劇団の方による患者役!!
うーん、まるで病室にいるよう!会場に満ちる緊張感が違います!!
試験を受けた学生は、緊張しながらも様々な気づきがあったようです。
以上、春の看護学校のできごとでした。それではまた♪